GCP.Networkに登録する

メンタルヘルスあるいはプライマリケアの専門家で、トレーニングを終了し、ご自身の国で臨床資格を持っている場合、Global Clinical Practice Network (GCP.Network)にメンバーとして登録することができます。GCP. Networkのメンバーとなり、150以上の国の12600名以上の医療・保健従事者からなる世界的なコミュニティの一員として、 世界のメンタルヘルス向上を目的にあなたの専門性と経験を活かすことができます。

GCP.Networkメンバーは、現在 WHO Department of Mental Health and Substance Abuseとともに活動しており、WHOの国際疾病分類の次の改訂版であるICD-11の精神および行動の障害の項目について、診断ガイドライン案が臨床的に有用であるか、世界規模で適用できるかについて評価を行っています。 ICDWHO加盟の194カ国で保健情報の収集と報告のための枠組みとして用いられています。出版後、ICD-11は多数の重要な臨床、科学および公衆衛生、そして世界のメンタルヘルスケアに影響を及ぼしている政策など多様なステークホルダーによって使用されるでしょう。つまり、GCP.NetworkメンバーがICD-11ガイドライン案を評価し改良するという役割は、大変重要といえます。

GCP.Networkのメンバーは、資料をレビュー、フィードバックし、ICD-11ガイドライン案のためのグローバルケースコントロールフィールドスタディに参加することを求められます。参加を求められる調査は、ご自身の職業上の興味、活動、専門性に関連するものです。ご協力をお願いする調査は毎月1つまでとしており、各調査への協力にかかる時間はおよそ30分程度です。患者さんの個人情報に関するものは求められません。

GCP.Networkメンバーとして提供した情報は、WHOの新分類の構造や内容に関する決定に直接的な影響を与え、さらには世界中の医療・保健従事者の活動にも影響することになります。また、GCP.Networkメンバーとして、世界各地における精神および行動の障害の発見や治療に直接的に貢献できる可能性もあります。

さらに、メンバーは優先的に以下を利用することができます:

  • ICD-11開発のプロセスに関する情報(たとえば、フィールドスタディの結果にいち早く触れたり、それが臨床にどのような示唆を含むのかを知ったりすることができる)
  • ICD-11ガイドライン草稿への早期のアクセス
  • 患者の診断や治療に役立つ出版物、ツール、資料(たとえば、論文や刊行物を含む出版物、教育資材、WHOのマニュアルやツールキット)
  • トレーニングや専門性強化の機会
  • 他のGCP.Networkメンバーとのネットワークづくり


GCP.Networkへの登録時の言語は9つから選択することができ、所要時間はおよそ10です。もっとよく知りたい場合、登録する場合は、以下のボタンをクリックしてください。

 

登録