これらのポストは著者の意見であり、WHOやGCP.Networkの公式見解を示すものではありません。

35年以上の歴史上はじめて、インド連邦政府は自殺を違法行為とみなすのをやめようという法案を作成した。しかしこの法案は施行されるまでにインド国会で承認される必要がある。

現在の診断分類システム(ICD-10とDSM-5)では、トランスジェンダーのアイデンティティは精神障害として捉えられている。

統合失調症を診断された人における早期死亡(平均寿命に達する前に亡くなる)率は、大変に高い。しかし、統合失調症患者における早期死亡の主な死因は、予防や治療が可能なものである。

アーパネット(※ARPANET; Advanced Research Project Agency Networkの略称。世界初のパケット通信ネットワークで、今日のインターネットの起源にあたる)からインターネットへ、そしてGCP.Networkへ

過去20年間に渡り、私はメンタルヘルスの専門家から多くのことを学んできた。これらはICD-11精神および行動の障害の章とGCP Networkに影響を及ぼしており、現在取り組んでいる我々の仕事にも影響を与え続けるだろう。

WHOは、プライマリケアにおける精神障害の同定と診療のための簡便かつ効果的なツールを、ICD-11に基づき開発している。