これらのポストは著者の意見であり、WHOやGCP.Networkの公式見解を示すものではありません。

最後に歴史をつくる機会をあなたが得たのはいつか。

まず最初に、それはArpanetと呼ばれ、米軍の資金提供を受け、4大学の研究室のコンピューターをつないだ。1969年のインターネットで、非常に重大な出来事だった。今まさに起こっている極めて重要なことがらであり、当時の誰が想像したよりも更に進んで、更に早かった。それは最高の破壊的な技術であった−当時、人々が想像しうるものを超えていた−、人間の状態をあらゆる点で実質的に変えてしまった、我々の伝達手段、がんの診断、ワードゲームまで。

それではメンタルヘルスについてはどうか。我々はまだ技術の可能性を最大限に引き出せてはいない。この200年以上を考えると、ICDは10回改訂されただけである−そして今までの改訂は全て、鉛筆と紙、切手を用いて行われた。GCP Networkの仕事は今まさに起こっている極めて重要なことがらである。世界保健総会がICD-11改訂版を検討し採択するとき、少なくとも145カ国の12300名以上の臨床家が最終ガイドラインの作成に貢献し、希望する誰もがこのサイトのボタンをクリックするだけでICD-11を共有するだろう。

これがGCP Networkの力なのである。“世界のメンタルヘルスケアを変えること”は、エグゼクティブをうたうMad Menによって作られた嘘の主張とは異なる。オンラインの実地調査を通し、我々のインターネットを基盤とした方法は資源および費用対効果が高い。GCP Networkは50年前には誰も想像しなかったように迅速な実験とデータの収集を行うことができる。GCP Networkは言語やアクセスバリア、活動の場のレベルを超えて、リアルタイムで可能な知識と研究の共有を行う。GCP Networkは我々が知識と能力を一変させるのを助け、ある日(できればすぐにでも)我々は国のGDPや市民一人あたりの所得に基づきメンタルヘルスの許容量やアクセスを定義することをやめられるようになるだろう。

今日、世界には31億7千万のインターネットユーザーがいる−昨年から2億3千万増加した。グラスは半分満たされているのか?それは間違いない。しかし、道のりはまだまだ遠い。40億の人々が未だにインターネットを使えないともいえるのである。

我々は145カ国に12300名以上のGCP Networkメンバーがいる。グラスは半分満たされているのか?それは間違いない。しかし道のりはまだまだ遠い。いまだに埋めるべき巨大な治療格差があり、毎年のように巨額の潜在所得が精神疾患のために失われている。世界中の障害の原因として第一位になっていることは、精神疾患にとって不名誉なことである。 しかし、我々は順位を下げるためにすることは分かっている、必要な人々に対するエビデンスに基づいた治療をすることだ。GCP Networkのメンバーとしてあなたが歴史を作り、Networkとしての我々の能力はその分野を変化させる。我々は、グローバルなメンタルヘルスへの課題を持ち、市民の利益のため、技術、訓練、研究、人的資源およびデータを世界規模で結びつけている。“世界のメンタルヘルスケアを変えること”は現実であり−現在でも−あなたと私がその一部を担うのです!